MENU
0466-81-6316 (平日 09:00〜17:00)
お問い合わせ

SPECIFICATION

住宅基本仕様
構造計算を実施し、長期優良住宅の認定の取得ができる仕様を基本としています。
この資産価値の高い基本性能をベースに、お客様のご要望を取り入れながら「夢のカタチ」を創造していきます。
POINT
01

基礎

耐震等級3
劣化対策等級3
耐震性にも優れた、耐圧版基礎を採用。
基礎に必要な強度は、建物の荷重や耐力壁の配置により異なります。
建物を支えるために必要な強度を確実に確保する為に、構造計算を行い基礎の設計をしています。
現場で打設される生コンクリートにおいては、実際に採取しコンクリート圧縮強度試験を行う事で、
設計通りの強度が出ているかの品質確認を行っています。
基礎について詳しく
耐圧版基礎
立上り主筋:径16mm
建築基準法 径12mm以上
立上り補強:径10mm@200
建築基準法 径9mm@300以上
耐圧版:径13mm@200
建築基準法 径9mm@300以上
開口部補強:径16mm
建築基準法 径9mm以上
立上り幅:150mm
建築基準法 120mm以上
耐圧版厚さ:170mm
建築基準法 120mm以上
POINT
02

構造躯体

耐震等級3
劣化対策等級3
弊社では、「枠組壁工法(ツーバイフォー工法)」「在来軸組工法」「在来軸組金物工法」より、
住まいのスタイルに合わせてお選びいただけます。
それぞれにメリット・デメリットなど特徴が異なりますので、色々とお話をさせて頂きながら、
お客様にとってベストな工法でご提案いたします。
構造について詳しく
構造について
2階建て以下の木造住宅(500㎡以下)では、構造計算(許容応力度計算)が義務付けされていません。建築基準法による仕様規定に基づき、構造壁の量・構造壁のバランス・接合部の検討の簡易チェックを「壁量計算」として行います。
「構造計算」は、「壁量計算」以外にも、建物の荷重や基礎の設計・部材の強さ・偏⼼率など、様々な⾓度から建物の安全性を確認します。弊社では、お客様が本当に安⼼して過ごして頂けるのか?を考え、1棟1棟「構造計算」を実施し、建築基準法の1.5倍の耐震性を確保した「耐震等級3」を確保出来るように検討する事で、より安全な住まいの実現を⽬指しています。
耐震等級1
耐震等級1
⼀般的住宅の耐震性
極めて稀に(数百年に⼀回)発⽣する地震等による⼒に対して建物が倒壊・破壊等しない程度⇒建築基準法が全ての建物に求める最低基準
耐震等級2
耐震等級1
病院・学校等災害時に避難所となる建物の耐震性
極めて稀に(数百年に⼀回)発⽣する地震等による⼒の1.25倍の⼒に対して建物が倒壊・破壊等しない程度
耐震等級3
耐震等級1
消防署・警察署など防災の拠点となる建物の耐震性
極めて稀に(数百年に⼀回)発⽣する地震等による⼒の1.5倍の⼒に対して建物が倒壊・破壊等しない程度
※構造計算をする事で耐震等級3の耐震性は確保されていますが、「耐震等級3」を表⽰する事は出来ません。⻑期優良住宅や、性能評価等の認定が必要となります。
弊社の基準はココ
POINT
03

断熱

断熱等性能等級4(6地域)
壁と屋根には、断熱性・気密性に優れた、ウレタン吹付断熱工法を採用し、建物全体をムラなく断熱材で包みます。
壁内部の湿気は各材料の透湿性能を確認し結露計算を実施する事で、壁体内結露が発生しないよう確認をしています。
断熱について詳しく
断熱性能について
弊社の断熱性能は、⻑期優良住宅の基準でもある、「断熱等性能等級4」を基準としています。断熱等性能等級とは、外⽪(外壁、窓など)の断熱性能、冷房期に⽇射を遮蔽するなどの対策を講じた住宅の省エネ性能、結露の発⽣を抑制する対策について評価されます。この性能を数値化して断熱性能を知ることが出来るのが「外⽪平均熱貫流率」。数値が⼩さいほど断熱性能が⾼い住宅となります。㈱⽥辺⼯務店がある湘南エリアでは、この基準値が6地域【0.87】とされています。
弊社の「外⽪平均熱貫流率」平均値 0.60W/m2K
弊社の「外⽪平均熱貫流率」平均値 0.60W/m2K

省エネ基準地域区分

区分 地域
1 北海道東北部
2 北海道西部
3 青森県、岩手県、秋田県
4 宮城県、山形県、福島県、栃木県、長野県
5
6
茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、
山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、
和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
7 宮崎県、鹿児島県
8 沖縄県
POINT
04

サッシ

断熱等性能等級4(6地域)
開口部の窓には、アルミと樹脂で構成された「アルミ樹脂複合窓」に高性能の「LowE複層ガラス」を標準採用しています。性能のいい窓で、快適な住空間をつくります。そして、玄関ドアも忘れてはいけません。
「断熱玄関ドア」の中でも高い断熱性能の仕様で、しっかりと断熱化します。
サッシについて詳しく
サッシについて
窓の性能は、建物の断熱性能を左右します。弊社では、アルミと樹脂で構成されたアルミ樹脂複合窓に、⾼性能のLow-E複層ガラスを標準採⽤しています。
熱の流⼊・流出が⼀番⼤きい窓を断熱化することで、⾼断熱で快適な窓辺をつくる事が出来ます。
さらにハイグレードの断熱性能をご希望の場合は、「樹脂サッシ+トリプルガラス」のご提案もさせて頂きます。
サッシについて
優れた「断熱・遮熱」性能で冷暖房効率をUP
Low-E複層ガラスには、「遮熱タイプ」と「断熱タイプ」があります。窓の位置や周辺環境などに応じて使い分けをしています。
「遮熱タイプ」は、断熱性能を持ちながら強い⽇差しをカットします。
「断熱タイプ」は、しっかりと断熱しながら、太陽熱を程よく取り込み室内を暖かく保ちます。
サッシについて
防露性能⽐較

防露性能⽐較

遮熱性能⽐較

遮熱性能⽐較

POINT
05

防腐・防蟻

劣化対策等級3
一般的な薬剤処理に比べ、安全・安心・長寿命の「ホウ酸系木材保存剤処理」を行います。
空気を汚すこともないので、高気密の住宅には最適です。
ホウ酸について詳しく
ホウ酸塩について
⽊造住宅が劣化する要因の中に、「腐朽」や「シロアリ」があります。耐震性を⾼めても、劣化対策を怠れば本来の耐震性は発揮できません。弊社では、ホウ酸塩を採⽤した⽊材保存剤の「エコボロンPRO」を使⽤します。また、建物外周の構造体には全⾯処理を施し、外来種のシロアリや腐朽菌から守る仕様としています。
※⼀般的な薬剤処理は、地盤⾯から1m程で、5年毎の再処理が必要ですが、壁体内の再処理は事実上不可能になります。
ホウ酸は、ホウ素を含む天然鉱⽯の総称で、アメリカ・カリフォルニア州などの鉱脈で採掘された天然の鉱⽯を精製してつくられた⾃然素材です。
ホウ酸塩について
4つの特徴
1持続性:効果が⻑期持続します
安定した無機物であるホウ酸塩は、揮発・分解によって効果を失う事がありません。流⽔に晒されたり、地⾯に接していたりといった湿潤環境でない限り、効果が減衰せず、⻑期にわたって効果が期待できます。⼀般的な薬剤と違い、5年毎の再処理は不要です。
2防腐性:カビ菌の繁殖も減少
⽊材腐朽菌にも強⼒な効果があり、カビ菌の繁殖も抑制します。
3防蟻性:シロアリなどの害⾍から強⼒に保護
適切に処理された⽊材は、シロアリやキクイムシ等の⽊材劣化害⾍による⾷害を強⼒に抑制します。
4安全性:安全を第⼀に
揮発性の無いホウ酸塩は空気を⼀切汚す事が無いので、健全な空気環境が求められる⾼気密住宅でも、妊婦さん・乳幼児・ペットの居るご家庭でも、安⼼して使⽤することが出来ます。
POINT
06

外壁通気工法

劣化対策等級3
外壁の仕上げ材と構造体との間に、空気の流れる通気層を設けます。
壁体内の湿気を排出し、外気の熱の侵入も防ぎます。
外壁通気工法について詳しく
外壁通気工法について
現在では主流となった、外壁通気工法。
構造体と外装材の間に、通気層という空気が流れる層をつくる事で、「室内からの湿気の放出」「外壁からの雨水侵入防止」「遮熱」に効果があります
外壁通気工法について
POINT
07

省令準耐火構造

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防耐火性能を持つ構造として、
住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅が省令準耐火構造となります。
火災に強く、一般の木造住宅より火災保険が割安になります。
弊社では、万が一の火災からご家族を守る為、標準仕様としています。
※壁や天井を防火被覆するため、構造材を露出する事はできませんが、防火被覆の上から化粧材を施工する事は可能です。
省令準耐火構造について詳しく

 

省令準耐火構造について
  • 1隣家などから火をもらわない
  • 2火災が発生しても部屋から火を出さない
  • 3万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

という3つの考えに基づいた対策が施され、万が一の火災時にも避難時間を十分に確保できる性能を持っている構造です。

省令準耐火構造について

お問い合わせはこちら

不動産・新築・リフォーム&リノベーションに関するご質問、お問い合わせなど、お気軽にご連絡下さい。
お車でお越しの場合は当社駐車場をご利用下さいませ。
お電話でのお問い合わせ0466-81-6316(平日 09:00〜17:00)
お問い合わせフォーム お問い合わせ